2kgと4kgキャットフードのメリット

2kgと4kgキャットフードのメリット

猫は嗜好性の高いキャットフードを好む傾向があります。
お気に入りのフードでも、保存状態が悪いと風味が飛んでしまいますから、美味しくないと思ったら食べてくれません。
このためキャットフードはできるだけ早く使いきれるように、小分けされたタイプか、少量ずつ入った物を使う事になります。

メーカーによる違いもありますが、ドライフードの多くは1kgか2kg入りが多いです。
ウェットタイプは1個100g前後と、開封後すぐに食べきれるサイズにしています。
ウェットタイプは長期保存に向いていないため、1個あたりの量も少なめですが、ドライフードは10kgくらい入った大袋もあります。

大袋で買ったほうが割安だからと、ついそちらを選びたくなります。
猫の理想的な食事量は、1日あたり体重1kgに対して70から80kcalとなっています。
フードの種類でカロリーも変わってきますが、3kgの猫の場合は、1日に210から240kcalとなるため、1匹だけでは2kgや4kgのフードを食べきるのは、それほど時間はかかりませんが、10kg以上となるとかなり時間がかかります。

この場合は少し面倒ですが、密閉容器に移し替え小分けにしておくと最後まで風味が飛ばずに済むので、猫もおいしく食べてくれます。
ただし10kg以上のフードを毎回小分けにするのも大変ですし、もしも途中で飽きてしまう食べなくなってしまったら無駄にしてしまいます。

多頭飼いならキャットフードの消費量も多くなるので、毎回10kg入りでもいいかもしれませんが、1匹だけの場合は2kgから4kgがちょうどいいサイズとなります。
ただしこの場合も、食べきるまでに風味が飛ばないよう、密閉容器に入れ替えましょう。

2kgは比較的すぐに食べきれるサイズだからポピュラーです。
4kgは少し時間はかかりますが、2kgに比べて割安なのがメリットです。
夏はドライフードも傷みやすくなりますし、湿気が多い場所ではカビが生える事もあります。
密閉容器に入れたら冷蔵庫で保存するのがおすすめです。

キャットフードは愛猫と生活習慣に合わせた量を購入しましょう。
気温が低い冬は冷蔵庫に入れなくても大丈夫ですが、暑い時期は冷蔵庫に入れておきましょう。