関節に不安がある猫へのキャットフード

関節に不安がある猫へのキャットフード

猫も年齢に合わせて必要とする栄養素や成分は変わってきます。
人が問を取ると足腰の関節が弱くなるのと同じで、猫も年を取ると関節のトラブルが出やすくなります。
コンドロイチンは関節の軟骨をサポートする成分としてよく知られており、人用のサプリメントにも多く使われていますが、猫の関節をサポートするにも役立ちます。

キャットフードにもいろいろな種類があって、猫の健康状態や年齢に合わせて選択肢は豊富にあります。
もちろん関節をサポートするためのキャットフードもありますから、年を取って関節にトラブルが起きてから慌てないためにも、予防の意味も込めて、キャットフードの見直しをしてみるのも良い方法です。

こういう時は関節サポートのフードを探してみましょう。
コラーゲン、コンドロイチン、グルコサミンなど関節サポートする成分が配合されているはずです。
関節や骨を支えるにはカルシウムやリンなどミネラルも必要ですが、猫はマグネシウムを過剰摂取すると、尿結石のリスクが高まるのでマグネシウムの含有量が低い事も重要です。

良質のキャットフードには、関節サポート成分以外にも、皮膚や毛の健康を保つために必要なオメガ3脂肪酸や、食物繊維なども豊富に含まれています。
キャットフードは猫の主食ですから、本来は他の物をたべなくてもフードだけで済むように、栄養バランスが整った物を選びましょう。

猫は動物性タンパク質が欠かせませんが、これは肉以外に魚からも摂取できます。
青魚の食べ過ぎはマグネシウムの過剰摂取になりやすいので注意しますが、それ以外の白身魚には魚由来のコラーゲンが豊富です。
何を主原料にしているかも確認しておくとベストです。

穀物を多く使用しているフードは胃に負担をかけたり、アレルギーの原因になったりします。
こういう時は関節サポート成分の他に、グレインフリーである事も注意しておくと安心です。

キャットフードも種類は豊富ですし、ネットなら外国製の高品質な物も簡単に購入できます。