グレインフリーのキャットフード

グレインフリーのキャットフード

肉食動物の猫は、動物性タンパク質が欠かせません。
しかし動物性タンパク質以外にも必要な栄養素はありますし、動物性タンパク質だけでキャットフードを作ろうとすると、かなりのコストがかかります。
そこで安価で入手しやすい穀物を使うのですが、猫は穀物の消化が苦手であり、穀物を多く使用するフードは、結果的に猫の体に負担をかけてしまいます。

愛猫の健康を第一に考えるなら、グレインフリーのキャットフードがベストです。
グレインは穀物の事で、グレインフリーは穀物を一切使用していないという意味です。

米や麦など入手しやすく、動物性タンパク質に比べてコストがかからない物は、一般的な安価のキャットフードに多く使われています。
消化が苦手な穀物を一切使用していないため、胃に負担が掛からず、炭水化物に含まれる糖質をカットできるので、肥満予防という効果も期待できます。
猫にも体質に個体差がありますから、中には穀物アレルギーを持つ子もいます。
グレインフリーはアレルギーが出にくいのもメリットです。

ペット先進国のアメリカやドイツでは、愛猫の健康を考える飼い主の多くが、グレインフリーのキャットフードを選んでいます。
まだ日本ではグレインフリーのキャットフードはあまりポピュラーではありませんが、ネット通販なら輸入品を購入できます。

メリットが多いグレインフリーのフードにもいくつか注意点があります。
素材選びにこだわっているため、価格は高めです。
また健康な猫にはグレインフリーによるメリットも多いのですが、腎臓があまり丈夫ではない猫には、高タンパクの食事は不向きとなります。
高タンパクの食事をとり続けると、慢性腎臓病のリスクを高めてしまいます。
猫には多い病気で、高齢になるほどリスクは高まりますので、該当する場合は獣医師に相談する事をおすすめします。

穀物の食物繊維が不足するので、便秘をする事があります。
この場合はウェットタイプのグレインフリーキャットフードが便利です。