カリカリのキャットフードと水分補給

カリカリのキャットフードと水分補給

カリカリと音を立てて食べる事から、カリカリフードとも呼ばれますが、これはドライフードと呼ばれる物です。
キャットフードには他にもウェットタイプがありますが、カリカリフードは水分量が10パーセント以下とかなり少ないため、フードとは別に水分補給を意識する事が大切です。
元々猫はあまり水をたくさん飲みませんから、下部尿路疾患対策にキャットフードだけでなく水分補給の注意をします。

カリカリのキャットフードにもメリットはたくさんあります。
意識して噛まないと飲み込めないため、噛む事で歯石予防になります。
水分量が10パーセントと少ないため、カビが生えにくく、密閉容器で冷蔵庫に入れて保管すれば無添加のキャットフードでも日持ちします。

ウェットタイプのキャットフードは水分量が75パーセント以上とかなり豊富ですが、材料にもこだわるため価格が少し高めです。
このため主食として与えるとかなり費用がかかります。
ウェットタイプに比べると良質のキャットフードでも、ドライの方が価格は安めです。

水分補給という意味ではウェットタイプを与えていれば、水をたくさん飲まなくてもフードから補給できますが、ドライはどうしても水分不足になりがちです。
犬のようにガブガブ飲む事はありませんが、キャットフードと一緒に必ず横に新鮮な水を入れた食器も置いておきましょう。

猫の健康を考えて人間用のミネラルウォーターを与える事がありますが、これはミネラルを豊富に含むので、猫にNGとなるマグネシウムの過剰摂取になる恐れがあります。
マグネシウムの過剰摂取は尿結石のリスクを高めますから、水道水で十分です。
水道水がまずい場合はミネラルを含まない純水を与えてください。
水道水を沸騰させ、備長炭を入れておくとカルキ臭が抜けてとても美味しい水になります。
これは人も美味しく飲めるので、水道水が不味くて飲めない人や、カルキ臭が気になる人にもおすすめです。
人にも猫にも安心な優しい水になります。

猫にも水分補給は欠かせません。
特にドライフードをよく食べる子は、いつでも新鮮なお水が飲めるよう常に気を配ってあげてください。
新しく購入を考えているならキャットフードの口コミも参考にしましょう。