よく吐く猫におすすめのキャットフード

よく吐く猫におすすめのキャットフード

吐くという行為は病気から来ている事もありますが、猫の場合は病気ではないのによく吐く事があります。
吐く原因もいくつかありますが、原因によってはキャットフードを変える事で吐かなくなる事もあるため、まずはなぜ吐くのか原因を確認してください。

猫が吐く原因は、病気から来ていることもありますがここでは、病気以外の原因と対処法を紹介していきます。
主な原因は、キャットフードの添加物、早食い、キャットフードが猫に合っていない、悪食、毛玉が考えられます。

合成添加物を使用しているキャットフードもありますから、これが体に合わず吐いてしまうのです。
キャットフードは安心できるものを選びましょう。
また、食いしん坊の猫や、多頭飼いで早く食べないと他の猫に横取りされてしまうような場合は、早食いをします。
消化が追いつかないので、吐いてしまうのはよくある事です。

安いからと粒が大きいフードを食べさせている場合、よくまかずに丸呑みすると喉に引っかかり吐く事があります。
喉に引っかかるのも危険ですし、消化が悪いので、猫の口にあった小粒のフードに切り替えてみましょう。
食事の量が足りていないと、虫やそこらへんに落ちている物を食べてしまう事があります。
悪食も吐く原因ですから、食事の量が不足していないかチェックしてください。

最も多いのが毛玉です。
猫は頻繁に毛づくろいをしますので、その時毛を飲み込んでしまいます。
毛玉になるとそれを吐き出しますから、ほとんどの場合は毛玉が原因で吐いてしまいます。
長毛の猫は特に毛玉になりやすいので、毛玉ケア用や食物繊維が豊富なキャットフードを食べさせてみてください。
食物繊維が豊富なキャットフードは、吐かなくても便と一緒に毛を排出しやすくなります。

草を食べて吐く事もありますから、猫用の草を用意するのもおすすめです。
後は抜け毛を飲み込まないように、こまめにブラッシングをしておきます。

猫はよく吐きますが、原因はある程度決まっています。
病気ではない場合は、キャットフードを変えてみるのもおすすめです。